インターカジノの退会方法(解約)と退会時の注意点

インターカジノの退会方法(解約方法)と退会時の注意点

この記事ではインターカジノの退会方法や退会時の注意点について詳しく解説しています。

かじの君

退会せずにアカウントを放置しておくと、アカウントハッキングなどの様々なリスクがあるので、気をつけましょう

>インターカジノのアカウント登録方法・手順

インターカジノを二度と使わない時の退会方法

退会方法(解約)

>【公式】インターカジノ
ここから登録すると入金不要ボーナス$30獲得

インターカジノをもうプレイしないという場合は、サポートに連絡をします。インターカジノのサポートはEメールならば24時間、ライブチャットは以下の時間帯に利用可能です。

  • 平日:11時半~22時半
  • 休日:16時半~22時半

サポートに退会したい旨を伝えると、いくつかの指示が出されるので指示に従ってください。手続きが完了すると、インターカジノを退会できます。

なお、サポートに連絡して退会すると、二度とインターカジノを利用できなくなるので、十分注意してください。

関連⇒インターカジノのサポート問い合わせ方法!問い合わせ時の注意点も解説

将来的にインターカジノを再開する可能性がある時の退会方法

インターカジノを将来的に利用再開する可能性がある場合、プレイヤー自身が手続きを行います。インターカジノにログインしたら、まずは画面左上のメニューボタンをタップしてください。

ログインする

>【公式】インターカジノ
ここから登録すると入金不要ボーナス$30獲得

次に表示されるメニューを下にスクロールします。

メニューを下にスクロール

そして「アカウント」を選択してください。

アカウントを選択

次に「自己規制」を選択します。

自己規制を選択

そして表示されるメニュー一覧から「退会する」を選択してください。

退会するを選択

すると以下の通り退会画面へと遷移します。

退会画面へと遷移

「理由」のリストボックスから適した内容を1つ選ぶと、「退会」のボタンが活性化されます。

理由のリストボックスから適した内容を1つ選ぶ

活性化された「退会」ボタンをタップすれば、手続き完了です。

インターカジノを退会する際の注意点

インターカジノから退会する際に押さえておきたい注意点は下記になります。

解約後に面倒なトラブルに発展することがないよう、予め注意点についてしっかりと理解しておきましょう。

①退会すると資金を出金できなくなる

アカウントの退会が完了すると資金は出金できなくなります。そのため資金が残った状態での退会はおすすめできません。出金可能な資金はしっかりと出金しておいてから、退会手続きを行うようにしましょう。

②退会前にクレジットは使い切っておくのがおすすめ

リアルマネーの出金に目が行きすぎて、失念しがちなのがクレジットです。インターカジノでのゲームを通じて獲得できるクレジットも、当然アカウントと退会してしまえば利用できなくなります。

クレジットは使い切る

せっかく貯めたクレジットを使わないまま退会するのももったいないので、なるべく使い切るようにしましょう。インターカジノのショップを開くと、キャッシュやスピンクレジットなどのアイテムと交換できます。

インターカジノのショップを開く

最後にクレジットで勝ったアイテムが、奇跡の大勝利をもたらしてくれるということもあるかもしれません。

③禁止国への転居など必然的に退会しなければならない場合もある

規約違反に抵触しそうな場合、必然的にインターカジノを退会しなければなりません。例えば禁止国への転居が決まったケースです。インターカジノでは規約において禁止国について以下の通り定めています。

アメリカ、オランダ、フランス、オランダ領西インド諸島、およびキュラソー島に居住するプレイヤーによる当ウェブサイトでのアカウントの開設、または使用は認められておりません。

引用元:InterCasino|Terms and Conditions » インターカジノの主役はあなたです

また同一IPアドレスからのアカウント登録は1つまでという規定もあります。

一人のユーザー、IPアドレス、およびデバイスにつきに認められているのは、一アカウントのみです。複数のアカウントを持つユーザーを特定した場合は、当社は、重複したアカウントを閉鎖し、出金可能な資金を返却する権利を留保します。

引用元:InterCasino|Terms and Conditions » インターカジノの主役はあなたです

そのため例えば同居人がインターカジノに登録する場合、規約違反になってしまう可能性があるのでおすすめしません。規約違反を放置したまま利用し続けていると、強制退会になることもあるので注意が必要です。

④いきなりの退会ではなく自己規制によるプレイ制限も有効

自己規制も有効

「少しギャンブルにのめり込みすぎている」などと感じた場合には、いきなりインターカジノを退会するのではなく、自己規制により対策をするという方法もあります。

自己規制では以下のような事項について、プレイ制限をかけることが可能です。

  • 期間あたりの入金額
  • 1回のログインで連続プレイできる時間の制限
  • 同じゲームを連続プレイできる時間の制限
  • 期間あたりの損失額制限
  • 次にログインできるまでの待機日数

特に入金額と損失額制限については、未然にギャンブル依存症を予防する観点からも、すべてのプレイヤーが設定しておくことをおすすめします。

⑤姉妹カジノの退会は別途手続きが必要

インターカジノで行った退会手続きは、インターカジノでのみ有効です。運営会社が同じ系列の「ベラジョンカジノ」及び「遊雅堂」については、姉妹カジノではあるもの、インターカジノでの手続きだけでは退会できません。

姉妹カジノでも手続きをする

>【公式】ベラジョンカジノ
ここから登録すると入金不要ボーナス$30獲得

アカウントを放置したままにしておくと色々デメリットが発生する可能性もあるので、必要がある場合には姉妹カジノでの手続きも忘れずに行うようにしましょう。

関連⇒ベラジョンカジノのアカウント削除方法・退会方法と注意点

⑥退会後も最低5年間は個人情報が保持される

インターカジノを退会したとしても、個人情報は最低でも5年間、もしくは7年間保存されます。

お客様の個人情報は、お客様のアカウントが閉鎖後(該当する場合)、またはお客様から最後に連絡を受けた後、最低5年間は保存されます。

引用元:InterCasino|プライバシーポリシー » インターカジノの主役はあなたです

基本的にセキュリティ体制はしっかりしていますが、万が一インターカジノがハッキングを受けた場合などは、個人情報が流出してしまう可能性もあります。

少しでも不安を消したいのであれば、退会後にメールアドレスを変更したり、引っ越したりするようにしましょう。

関連⇒インターカジノの危険性と安全性は?詐欺じゃない?

⑦退会後も新規のアカウント登録はできない

インターカジノの退会後、再びインターカジノを利用したくなった場合、新規アカウントの登録をしてはいけません。なぜならインターカジノは1人に付き1つまでしかアカウント登録をできない規約があるためです。

当ウェブサイトで開設できるアカウントは一つのみです

その理由に関わらず、ユーザーが複数のアカウントの開設、または開設を試みた場合は、当社の裁量で、重複するアカウントでの賭けを無効にすることを含む、ユーザーのいずれか、またはすべてのアカウントをブロックもしくは閉鎖する場合があります。

引用元:InterCasino|Terms and Conditions » インターカジノの主役はあなたです

重複アカウントが許されない理由としては、無料で貰える登録ボーナスやお得なウェルカムキャッシュを2回進呈するわけにはいかないという事情があります。

そのため自己規制によりインターカジノを退会したユーザーが再度アカウントを登録したくなった場合、サポートに連絡して対応してもらうようにしましょう。

コメントを残す

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

この記事に反論する

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

【公式】インターカジノを開く
【公式】インターカジノを開く