銀行振込で入金・出金ができるブックメーカー(スポーツベット)

銀行振込の入出金できるブックメーカー(スポーツベット)7選【2021年最新】

ブックメーカーに入金すると、サッカーワールドカップやオリンピックなどの世界中のスポーツを中心に、スポーツベットして楽しめます。本記事では銀行振込で入金・出金ができるブックメーカーを紹介していきます。

かじの君

銀行振込に対応しているブックメーカーを7サイトピックアップしてそれぞれ詳しく解説するのでスポーツベットの際の是非参考にしてくささい。

>銀行振込で入金・出金できるオンラインカジノまとめ【2021年最新】

銀行振込で入金・出金に対応しているブックメーカー

銀行振込での入金・出金に対応しているブックメーカーは2020年夏頃から一気に増えてきました。実際に銀行振込で入出金できるブックメーカーは下記になります。

オンラインカジノ 銀行振込
入金可能額
銀行振込
出金可能額
スポーツベットアイオースポーツベットアイオー 5,000円〜
200万1円
1万円〜
200万1円
188bet 1,000円〜
10万円
1,000円〜
10万円
クイーンカジノクイーンカジノ 50ドル〜
5,000ドル以下
50ドル〜
5,000ドル
チェリーカジノチェリーカジノ 10ドル〜
1万ドル
50ドル〜
2万5,000ドル
ギャンボラギャンボラ 10ドル〜
5,000ドル以下
非対応
ボンズカジノボンズカジノ 1,000円〜
10万円
非対応
10betjapan10bet 5,000円〜
50万円
1,200円
~250,000円

上記の7つのサイトについて詳しく紹介します。

関連⇒銀行振込で全てのオンラインカジノに入金する方法

スポーツベットアイオー:ATM入金も可能なブックメーカー

銀行振込で入金・出金ができる【スポーツベットアイオー】

>【公式】スポーツベットアイオー

銀行振込入金可能額 5000円以上200万1円以下
銀行振込入金手数料 無料
銀行振込出金可能額 1万円以上200万1円以下
銀行振込出金手数料 無料

スポーツベットアイオーは、銀行振込で入出金可能なブックメーカーです。

サイト内に用意されている「Sumo Pay」という決済手段を使って入金できます。SumoPayの公開キーに注目すると、ビット数が大きくセキュリティが強く、安心して取引ができます。

Sumo Payの公開鍵

またスポーツベットアイオーの入金は、インターネットバンキングのみならずATMからの入金にも対応しています。

ATMからの入金にも対応

オンライン決済に抵抗がある方でも、ATMを使えば簡単な手続きだけで入金可能です。

関連⇒Sportsbet.io(スポーツベットアイオー)の銀行振込入金・出金手順

188bet:少額の銀行振込で始められるブックメーカー

銀行振込で入金・出金ができる【188bet】

>【公式】188BET

銀行振込入金可能額 1000円以上10万円以下
銀行振込入金手数料 無料
銀行振込出金可能額 1000円以上10万円以下
銀行振込出金手数料 無料

188betは銀行振込による入金・出金が可能です。入金・出金ともに最低金額が1,000円〜のため、初めてスポーツベットを行う人も手軽にはじめられます。

2021年5月末に銀行振込が復活

188betは特にサッカーのスポーツベットに力を入れているブックメーカーです。例えば2021年夏に開催されたサッカー欧州選手権(ユーロ)の期間中は、いくつものイベントが同時に用意されていました。

188betのサッカーイベント外部リンク:188bet「プロモーション」

イベントに参加すれば、単にスポーツベットの的中可否だけではなく、追加で賞金を稼げるチャンスがあります。

クイーンカジノ:24時間365日銀行振込対応のブックメーカー

銀行振込で入金・出金できる【クイーンカジノ】

>【公式】クイーンカジノ
ここから登録すると入金不要ボーナス$30獲得

銀行振込入金可能額 50ドル以上5000ドル以下
銀行振込入金手数料 無料
銀行振込出金可能額 50ドル以上5000ドル以下
銀行振込出金手数料 無料

クイーンカジノはHi-Banqという決済サービスを経由することで銀行振込による入金・出金ができるブックメーカー兼オンラインカジノです。入金は24時間365日対応となっています。

Hi-Banqが24時間365日対応に変更参考:Hi-BANQ 24時間営業正式決定のお知らせ

そのためクイーンカジノ最大のネックであった「振り込んだのになかなか反映されない」というストレスを味わう心配がありません。完全即時とはさすがに行きませんが、かなりスピーディにアカウントに反映されます。

クイーンカジノはリニューアルによってブックメーカー部門をオープンさせて以来、コンテンツの充実度も高まっています。

クイーンカジノのブックメーカー部門

今後もさらに使いやすいブックメーカーの1つになり、スポーツベットが充実することに期待しましょう。

チェリーカジノ:キャッシュアウト機能で稼ぎやすいブックメーカー

銀行振込で入金・出金できる【チェリーカジノ】

>【公式】チェリーカジノ
ここから登録すると入金不要ボーナス$30獲得

銀行振込入金可能額 10ドル以上1万ドル以下
銀行振込入金手数料 無料
銀行振込出金可能額 50ドル以上2万5000ドル以下
銀行振込出金手数料 無料or5ドル

チェリーカジノは入金・出金ともに銀行振込を利用できる、ブックメーカー部門があるオンラインカジノです。銀行送金の出金には2つのオプションがあり、それぞれ出金可能額と手数料は以下の通りです。

オプション 出金可能額 出金手数料
銀行出金 400ドル〜2万5000ドル 5ドル
国内銀行出金 50ドル〜9500ドル 無料

出金スピードに違いはなく、出金したい金額に応じて使い分けると良いでしょう。チェリーカジノのスポーツベット部門には賭けを有利に行える様々な機能があります。特におすすめしたいのが「キャッシュアウト」です。

チェリーカジノの「キャッシュアウト」機能

キャッシュアウトを使えば試合が終了する前にスポーツベットの賭けを成立させて、賞金の払い戻しをうけられます。損失を最小限に押さえつつ、確実に利益を確保していく上では必須で習得しておきたいスキルです。

ギャンボラ:統計機能がチェックできるブックメーカー(銀行振込出金不可)

銀行振込で入金できる【ギャンボラ】

>【公式】ギャンボラカジノ
ここから登録すると入金不要ボーナス$25獲得

銀行振込入金可能額 10ドル以上5000ドル以下
銀行振込入金手数料 無料
銀行振込出金可能額 非対応
銀行振込出金手数料 非対応

ギャンボラは銀行振込による入金は対応していますが、出金は非対応です。銀行振込でのギャンボラへの入金は、住信SBIネット銀行の指定口座に振り込む形で行われます。

住信SBIネット銀行の指定口座に振り込む形

住信SBIネット銀行は日本国内ほぼすべての金融機関からの振込を24時間365日受け付けているので、土日や平日の真夜中といった時間帯でも、ギャンボラへの入金は可能です。

Q:〔振込振替〕 夜間や土日でも振込の手続きはできますか?

A:原則、24時間365日お手続き可能です(当社メンテナンス時間を除きます)。

引用元:住信SBIネット銀行|Q&A

ギャンボラのブックメーカーでは様々な統計情報をチェックできるので、実際に賭けを行う際の参考になります。しかしスポーツ関連のプロモーションがほとんどない点は残念です。

そのためカジノ部門のサブ的な役割でスポーツベットを楽しみたいという方向けにおすすめです。

ボンズカジノ:キャッシュバック機能があるブックメーカー(銀行振込出金不可)

銀行振込で入金できる【ボンズカジノ】

>【公式】ボンズカジノ
入金不要ボーナス$40獲得
【コード】hunter

銀行振込入金可能額 1000円以上10万円以下
銀行振込入金手数料 無料
銀行振込出金可能額 非対応
銀行振込出金手数料 非対応

ボンズカジノでは銀行振込による入金は可能ですが、出金は現状非対応です。ボンズカジノはカジノ部門のみならず、スポーツベット部門のボーナス充実度も抜群です。

ボンズカジノのリベートボーナス

ボンズカジノのキャッシュバック

毎回のベットでもらえるリベートボーナスや、負けた時に損額保証を受けられるキャッシュバックなどがあります。またスポーツベット対象の試合をストリーミング視聴できるのもボンズカジノの魅力です。

プレーヤーは損失額のキャッシュバックを利用できます。

引用元:ボンズカジノ|VIPロイヤリティ・プログラム

ボンズカジノのストリーミング視聴

試合をリアルタイムで視聴しておけば、インプレーベット(ライブベット)での賭けの的中率を大きく高められるでしょう。

10bet:銀行振込の対応が早いブックメーカー(銀行振込出金不可)

銀行振込で入金できる【10bet】

>【公式】10bet Japan

銀行振込入金可能額 5000円以上50万円以下
銀行振込入金手数料 無料
銀行振込出金可能額 1,200円以上250,000円以下
銀行振込出金手数料 無料

10betは銀行振込による入金を導入したブックメーカーです。以下の時間帯であれば、指定の口座に振り込むことでかなりスピーディに10betのアカウントに入金が反映されます。

  • 平日:9時から23時
  • 週末及び祝日:9時から18時

営業時間外に入金したとしても、翌日には反映されるので安心です。ちなみに10betの銀行振込には2つのオプションがあります。

10betの銀行振込オプション

青い字で記載されている「BANK TRANSFER」は三井住友銀行の指定口座にプレイヤー自身でネットバンクやATMから振込を行うという形式です。

日本国内すべての金融機関が利用できる

そのため日本国内すべての金融機関が利用できます。なお利用する金融機関によっては振込手数料が発生する点に注意が必要です。

一方で黒背景の白字で記載されている「BANK TRANSFER」は利用できる銀行が3つだけに指定されています。

黒い字で記載されている「BANK TRANSFER」

みずほ銀行、東京スター銀行、PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)ならば手数料無料での入金が可能です。

ブックメーカーで銀行振込入金・出金する際の注意点

スポーツベットをするために、ブックメーカーへの銀行振込は非常に便利です。しかし実際に利用する上で下記の4点、押さえておきたい注意点もあります。

それぞれ詳しく解説していきます。

ブックメーカーへの銀行振込入金では楽天銀行が使えない可能性が高い?

楽天銀行はスポーツベットを楽しむために、ブックメーカーへの入金やブックメーカーからの出金を拒否されたという口コミがいくつか見られます。

ヴィーナスポイントでも楽天銀行へ出金ができないため、楽天銀行がオンラインカジノでの利用を禁じている可能性もあります。

ヴィーナスポイントでは楽天銀行へ出金ができない

仮に楽天銀行でうまく入金・出金できなかった場合は、諦めて別の銀行口座を利用してください。

ブックメーカー側で手数料無料という表記でも銀行側で手数料が発生することがある

ほとんどのブックメーカーでは銀行振込の手数料を無料にしています。しかし手数料が無料なのはあくまでもブックメーカー側での話です。実際には銀行側で振込手数料が発生する可能性があります。

なるべく余計な手数料は支払いたくない方は、指定された振込口座と同じ金融機関から入金を行うようにしましょう。

関連⇒銀行送金の入出金手数料が無料・安いオンラインカジノ【2021年最新】

ブックメーカーでの銀行振込は他の決済方法以上に入金エラーになりやすい

ブックメーカーでは銀行振込以外にエコペイズやヴィーナスポイント、クレジットカードなど様々な方法により入金できます。他の決済方法は基本的に手続きがオンラインカジノ上だけで完結するため、手続きは簡単です。

しかし銀行振込の場合、外部サイトに遷移した上で、指定された口座に正しく振込をする手続きが求められます。また業者によっては、照会番号や振込IDなどの入力を必須としているケースもあります。

照会番号や振込IDなどの入力を必須としているケース

急いで手続きをすると正しい情報を入力できず、着金反映が遅れる可能性もあります。そのため慌てず、必要なステップを1つずつ踏むことを心がけましょう。

ブックメーカーでは銀行振込入金申請から実振込までの手続きをスムーズに行う

ブックメーカー側で銀行振込の入金申請をしたら、すぐに振込の手続きを行うことも重要です。時間が空きすぎてしまうと、再度申請からやり直さなければならないこともあります。

入金申請をして放置すると、他のプレイヤーのアカウントに反映されるなどの入金エラーにつながることもあります。入金申請から実際の振込手続きまでは、ワンセットで行うことを心がけてください。

コメントを残す

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

この記事に反論する

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

おすすめのオンカジ入金方法
おすすめのオンカジ入金方法