ベラジョンカジノのクレジットカード利用明細パターン

ベラジョンカジノのクレジットカード利用明細パターン

ベラジョンカジノにクレジットカードを使って入金した場合、利用明細には「ベラジョンカジノ」とは表示されず、別名で記載されます。パターンは複数あるため、どれがベラジョンカジノか分からないこともあるでしょう。

かじの君

この記事では、ベラジョンカジノにクレジットカード入金をした際の、利用明細の表記パターンを紹介します。

>ベラジョンカジノの入金方法まとめ!入金時間・手数料・限度額

ベラジョンカジノにクレジットカード入金した時の利用明細

ベラジョンカジノにクレジットカード入金した場合、カードの利用明細にはどのように表記されるのか解説していきます。

利用明細に「オンラインカジノ」「ベラジョンカジノ」といった表記はされない

クレジットカード入金に対応しているベラジョンカジノ

>【公式】ベラジョンカジノ
ここから登録すると入金不要ボーナス$30獲得

改めて説明すると、ベラジョンカジノにクレジットカードで入金した場合「オンラインカジノ」「ベラジョンカジノ」と直接的な利用明細の表記がされることはありません。

ベラジョンカジノでは、クレジットカード入金のときに「中間決済業者」という決済企業を経由しています。そのため、実際に利用明細に表記されるのは中間決済業者の名前です。

その時々で扱っている業者が異なるため、一律の表記ではありません。

ベラジョンカジノのクレジットカード入金の実際にあった利用明細表記パターン

具体的に、筆者が過去にベラジョンカジノに入金した際の明細表記をいくつか紹介します。

  • KAYSHOW SHOP利用国GUA
  • PES*WWW.CAVLIKENLY.C利用国GUA
  • RPAY
  • PIONPAY(LIVERPOOL)

以下、利用明細の画像も掲載しておきます。

KAYSHOW SHOP利用国GUA

2020年2月には「KAYSHOW SHOP利用国GUA」と利用明細に表記されていました。

「KAYSHOW SHOP利用国GUA」と表記

PES*WWW.CAVLIKENLY.C利用国GUA

続いて2020年4月には「PES*WWW.CAVLIKENLY.C利用国GUA」という利用明細表記です。

「PES*WWW.CAVLIKENLY.C利用国GUA」という明細表記

RPAY

2021年2月には「RPAY」という利用明細表記でした。

「RPAY」という表記

PIONPAY(LIVERPOOL)

直近の2021年5月の利用では「PIONPAY(LIVERPOOL)」という利用明細表記です。

「PIONPAY(LIVERPOOL)」という表記

いずれにしても一目見ただけでは、ベラジョンカジノの入金に使ったということは分からない利用明細です。利用日と金額で判別すると良いでしょう。

パッと見不正利用されているように見えなくもありませんが、自分自身がしっかりと「ベラジョンカジノの入金に利用した」という自覚を持てているのであれば、問題はありません。

参考⇒ベラジョンカジノは安全?クレジットカードを使っても大丈夫?

怪しい利用明細表記で不安という方におすすめのクレジットカード入金時のコツ

クレジットカード入金時のコツ

クレジットカードの利用明細に見慣れないアルファベットや数字の羅列があると、「何か不正に情報が流出していないか?」などと不安に思う方もいるでしょう。

結論から言えば心配ないものの、やはり不安を拭えない人もいるはずです。

そこでベラジョンカジノで安心してクレジットカード入金をするために押えておきたいコツをいくつか解説していきます。

入金時のクレジットカード情報入力画面のセキュリティ証をチェックする

不正にカード情報が流出するのが不安という方は、ベラジョンカジノの入金時にクレジットカード情報を入力する画面においてセキュリティ証をチェックしましょう。

まずは画面上部に表示されるURL欄の鍵のアイコンをクリックしてください。

画面上部に表示されるURL欄の鍵のアイコンをクリック

次に「接続がセキュリティで保護されています」という文字をクリックします。

「接続がセキュリティで保護されています」という文字をクリック

続いて右上の×マークの左側に表示されているアイコンをクリックしてください。

右上の×マークの左側に表示されているアイコンをクリック

そして「詳細」をクリックします。

「詳細」をクリック

すると以下の通りサイトセキュリティに関する詳細が表示されます。

サイトセキュリティに関する詳細が表示

特に注目したいのが「公開鍵」の項目です。公開鍵は数値が大きければ大きいほど、セキュリティレベルが高いと言えます。

RSA(2048 Bits)という表記であればかなり安全性は高いので、特にセキュリティ面に不安を覚えることなく安心して決済を行うことができます。

RSA(2048 Bits)という表記であればかなり安全性は高い

逆にECC(256 Bits)は一応セキュリティ対策は施されているものの、ややセキュリティ面には難ありと考えておいた方が良いかもしれません。

入金に使うクレジットカードに3Dセキュアを設定して追加の認証を必ず行う

ベラジョンカジノの入金に使うクレジットカードは、必ず3Dセキュアを設定しておきましょう。

3Dセキュアとは、ECでの決済など、非対面でクレジットカード決済を行う際の不正利用対策として、カード会社が設定している本人認証サービスです。

引用元:ec Being「3Dセキュア2.0とは?ECサイトのセキュリティ強化のためのアップデートされたクレジットカードの本人認証」

3Dセキュアを設定しておけば、万が一カード情報が流出したとしても、追加の認証を突破される心配がないため、不正利用を防ぐことができます。

ベラジョンカジノではないものの、他のオンラインカジノでは入金に利用したカードが不正利用の被害に遭うという事例も起きているだけに、マストで設定しておくようにしましょう。

セキュリティの強いネット環境下でクレジットカード入金手続きを行う

ベラジョンカジノでクレジットカード入金を行う際は、なるべくセキュリティの強いネット環境を選ぶことも重要です。

セキュリティが甘いネット環境で取引を行うと、せっかく設定した3Dセキュアの情報も含めてすべて盗み出されてしまい、不正利用の被害に遭う可能性があります。

特に安全性が高いネット環境としては

  • キャリアの回線
  • 自宅の固定インターネット回線
  • 自分専用で利用できるWi-Fi
  • 大手商業施設のWi-Fi

などが挙げられます。逆に街中や店舗などで飛んでいるフリーWi-Fiはあまりおすすめできません。

鍵マークなしのWI-Fiは注意

あまり難しいことは考えず、鍵のアイコンがついていないWi-Fiは使わないということを意識しておきましょう。

コメントを残す

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

この記事に反論する

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

【公式】ベラジョンカジノを開く
【公式】ベラジョンカジノを開く